グループ会社を再編したい詳細

  • 僕は会社をA社とB社の2社を経営しているんだけど、B社はずっと赤字が続いているんだ。B社の事業は成長分野だから、今後好転する可能性もあるし、本当はまだまだ続けたいんだけど、資金繰りも厳しいし、休業か解散しようと思っているんだ。
  • A社はどうですか。
  • A社は毎年利益が出ているし、これからもやっていくつもりだよ。
  • A社とB社を合併されてみてはいかがですか。
  • 合併?確かにB社の事業は継続できるかもしれないけど、もしB社の事業が好転しなかったら、手続きに色々お金がかかるだけで、A社からしたら何のメリットもないよ。
  • 2社を合併すればA社の黒字とB社の赤字が相殺されるので、利益が減り、支払う税金が安くなります。また、一定の要件を満たせば、B社の繰越欠損金も利用することができます。

このようなお悩みをお持ちの方はこちら ⇒ 無料相談フォームへ

株主を整理したい詳細

  • 今度、友人が経営するD社を子会社にしたいと思っているんだ。D社は特殊な技術を持っているから、我が社としては何としても実現させたいんだ。
  • D社の株主はどなたですか。
  • 株主も友人だよ。だから、友人から株を買い取らないといけないんだけど、かなりの資金がいるし、友人も高い税金がかかるんじゃないかと心配しているんだ。
  • それなら株の買い取りではなく、株式交換が有効です。株式交換によれば買収資金は必要ありませんし、一定の要件を満たせばご友人に所得税がかかることもありません。

このようなお悩みをお持ちの方はこちら ⇒ 無料相談フォームへ

会社の不採算部門を切り離したい詳細

  • 我が社(C社)は小売事業と飲食事業を行ってきたんだが、最近小売事業が業績不振で経営を圧迫しているんだ。撤退したいと考えているんだが、小売事業のために多額の設備投資を行ってきたし、その資金の借入金もまだまだ残っているんだ。何かいい方法はないかな。
  • それでしたら、会社分割という方法があります。飲食事業を分割すれば、飲食事業に係る資産・負債は新社に移転し、小売事業に係る資産・負債のみC社に残ることになります。仮にC社を解散することになったとしても、飲食事業は継続できますし、飲食事業に専念できれば、飲食事業の成長が期待できるかもしれません。

このようなお悩みをお持ちの方はこちら ⇒ 無料相談フォームへ

会社を継がせたい詳細

  • 私ももう80歳だから、会社は息子に任せて、そろそろ引退しようと思っているんだ。代表権と一緒に会社の株も息子に譲ろうと思うんだけど、税金がかかるのかな。
  • 株式の売却益には所得税がかかります。例えば、取得価格200万円、時価500万円の株式を500万円で譲渡した場合、(500万-200万)×20%=60万円の所得税がかかることになります。
  • 売却益に所得税がかかるのか…。それなら、うちの会社は上場していないし、株に価値なんてないから、タダで息子にやるよ。
  • 上場していない会社でも株式には評価額があります。贈与すると、息子さんに贈与税がかかってしまうかもしれません。時価500万円の株式のみを贈与した場合、(500万-110万)×20%-25万=53万円の贈与税がかかります。
  • 売却すると所得税がかかって、贈与すると贈与税がかかるのか。税金を払わないで済む方法は無いのかな。
  • まずは、株の評価をしてみましょう。株の評価額がゼロなら贈与しても贈与税はかかりません。
  • 評価額がある場合はどうしたらいいかな。
  • 非上場株式等の納税猶予という方法があります。これは、中小企業の事業承継の円滑化を目的として設けられた制度で、一定の要件を満たす非上場株式の贈与・相続にかかる税金の納税を猶予するというものです。さらに一定の要件を満たすことで、納税猶予額は免除されることとなります。

このようなお悩みをお持ちの方はこちら ⇒ 無料相談フォームへ