会社を継がせたい詳細

  • 私ももう80歳だから、会社は息子に任せて、そろそろ引退しようと思っているんだ。代表権と一緒に会社の株も息子に譲ろうと思うんだけど、税金がかかるのかな。
  • 株式の売却益には所得税がかかります。例えば、取得価格200万円、時価500万円の株式を500万円で譲渡した場合、(500万-200万)×20%=60万円の所得税がかかることになります。
  • 売却益に所得税がかかるのか…。それなら、うちの会社は上場していないし、株に価値なんてないから、タダで息子にやるよ。
  • 上場していない会社でも株式には評価額があります。贈与すると、息子さんに贈与税がかかってしまうかもしれません。時価500万円の株式のみを贈与した場合、(500万-110万)×20%-25万=53万円の贈与税がかかります。
  • 売却すると所得税がかかって、贈与すると贈与税がかかるのか。税金を払わないで済む方法は無いのかな。
  • まずは、株の評価をしてみましょう。株の評価額がゼロなら贈与しても贈与税はかかりません。
  • 評価額がある場合はどうしたらいいかな。
  • 非上場株式等の納税猶予という方法があります。これは、中小企業の事業承継の円滑化を目的として設けられた制度で、一定の要件を満たす非上場株式の贈与・相続にかかる税金の納税を猶予するというものです。さらに一定の要件を満たすことで、納税猶予額は免除されることとなります。

このようなお悩みをお持ちの方はこちら ⇒ 無料相談フォームへ